>>地名・歴史
町名の由来
地図 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
【や】

八島町(やしまちょう)

 明治17年(1884)日本鉄道により、高崎−上野間の鉄道が開通し、この場所に高崎停車場ができ、駅を中心として旅館、運送業などができ、急速に都市化が進むことになりました。
町の成立はそれより遅れた明治35年(1902)江戸期からあった「十人町」という武家町が2つに分けられ、そのひとつが八島町になりました。町名は、鉄道開通運動に大きく関わった初代の町長、市長である「矢島八郎」の名から、「矢島町」になる予定でしたが、これは市長に辞退され、将来への発展と末広がりの意味合いから「八島町」としました。
町は高崎の玄関口である高崎駅の西側に位置し、町内には市の美術館や南小学校、南公民館、平成9年に開局したラジオ高崎等があります。

柳川町(やながわちょう)

 この町は、東部と西部に分けられていて、西部は江戸時代には場内の北郭と呼ばれ、武家の屋敷がありました。地内中央を走る南北の路の東側は、明治初年まで芦や雑草の生い茂る湿地帯で、白昼に狐や狸が出るさびしいところであり、一方、この湿地帯は、城の防備の一部分にもなっていました。
明治維新後、城内三ノ丸に屋敷を与えられていた藩士たちは、町の西部に移されました。明治期に活躍した自由民権運動の宮部襄(のぼる)、キリスト伝道者の内村鑑三、日銀総裁の深井英五らはこの町の出身です。
明治6年(1873)町としての名がつけられることとなり、地内を流れる用水の岸に柳の大木があったことから、「柳川町」と名づけられました。
町内西部の武家屋敷に対し、東部の空き地であったところは、明治以後、軍都高崎の花町となり、いわゆる「赤線」は昭和33年(1958)までありましたが、その後は、夜の飲食街となっています。
明治39年(1906)には、柳川町1番地に佐藤裁縫女学校(現高崎商科大、付属高校、付属幼稚園の前身)が開校しました。また、大正2年(1913)には、映画劇場の「電気館」ができました。

山田町(やまだちょう)

 慶応4年(1867)の大政奉還、これに続く明治維新、廃藩置県の中で、高崎藩の江戸詰めであった武士とその家族を住まわせるため、「赤坂村」の田地を宅地化し「赤坂郭(ぐるわ)」を作りました。山田の町名は、赤坂郭が、城の丑と寅の方角の東北である艮(うしとら)にあたり、艮は山の意味を持っていることから、明治6年(1873)になって「山田町」と命名されたものです。
町内にある高崎聖公教会は、明治25年(1892)末広町に開かれ、その後、数度の移転を経て、大正3年(1914)現在地に置かれています。
また、明治11年(1878)明治天皇の東北巡幸の際、椿町、山田町、高砂町を経て前橋に至る新道が建設されています。

弓町(ゆみちょう)

 この町は、江戸時代に藩の弓組みの屋敷が置かれていたため、そこから「弓町」と命名されました。『高崎志』によると以前、西の羅漢町に接していたことから「上羅漢町」と呼ばれていたとされています。
町内には市立東小学校があります。この学校は大正4年(1915)、高崎市内の児童数増加に対応するために、建設されたものです。当時この学校周辺は、日清製粉高崎工場や、東京ガスなど工業地域として発展しつつありました。

四ッ屋町(よつやまち)

 この町の町名は、この地に祀られていた「四阿屋宮(あづまやのみや)」からとったもので、「四阿屋」と書いて「ヨツヤ」と呼び、「阿」の字を「ツ」に代えたものから来ています。
四ツ屋町は江戸時代に、中山道から分岐する三国街道に沿って成立した町で、古くは本町に属していました。『高崎志』によれば、正徳元年(1711)に本町から独立したと記されています。
江戸時代には、町の北側、隣町の相生町との境、東南隅に藩の番屋が置かれていました。
明治6年(1873)5月、「四谷町小学校」は人家を使って開校しました。

寄合町(よりあいちょう)

 旧市街地のほぼ中心部にあり、今は中央銀座通りの中心に位置している町です。北は新紺屋町、西は柳川町、南は中紺屋町、東は田町とそれぞれ境界を接しています。
町名はいろいろな職人、商人が入り混じって居住していることからつけられた名で、慶長3年(1598)井伊直政の箕輪から高崎への移城に伴い、8戸が藩の許可を受けてここへ移住しました。したがって、「寄合町」といっても、はじめは8軒の寄合の町でした。
この町から東方、田町へ抜ける横丁は「柳町」、あるいは煙草を売る店が多く「煙草横丁」といわれていました。また、西の横丁は、はじめ玉田寺裏の一本西の通りへ出るのではなく、袋小路になっていて「袋町」、あるいは、蓋付の木椀などをつくる職人がいて「五器町(ごきちょう)」とさえいわれていました。
参考文献: 田島桂男『高崎の地名』(2009年)、 田島桂男『本町今昔物語』(2004年)、 田島桂男『たかさきの町知るべ』(2000年)、 都丸十九一『続・地名のはなし』(1995年)、 高階勇輔『高崎産業経済の歴史』、 郷土出版社『目で見る 高崎・安中の100年』(2006年)、 岩波書店『広辞苑 第五版 逆引き広辞苑』、 『新編 高崎市史 通史編2 中世』(2000年)、 『新編 高崎市史 通史編3 近世』(2004年)
 
下線
 
空欄