>>地名・歴史
町名の由来
地図 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
【ら】

羅漢町(らかんちょう)

 旧市街地の東北部に位置している町です。この町は南北に長い町で、北は弓町、北から西は北通町、南は通町、東は真町になっています。
この町は江戸期からの町で、町名は、町内にある天台宗の羅漢山正覚院法輪寺(ほうりんじ)に、古くから五百羅漢像が安置されていることからきています。古くは「五百羅漢町」といっていました。五百羅漢とは、釈迦の弟子、修行者のことです。
法輪寺の西には、かつて町の鎮守であった道祖神社がありましたが、昭和の初年に、高崎神社に合祀されました。
江戸時代のこの町は、職人が多く住む町でした。この町から柴崎、玉村方面への野道があり、藩の木戸が設けられていました。

連雀町(れんじゃくちょう)

 市街地の中央部、旧城の大手門前から、まっすぐ東へ向かって大通りへ出たところにある町です。
連雀町は元々、旧箕輪城下の大手門の前にあった町で、高崎への移城の際にも、住人が一緒に移ってくると共に、町名もそのままで城の大手門の前に置かれました。「連雀」とは「連尺(索)」のことで、二枚の板を紐でつないだ背負い具のことです。むかしは連尺に商品を背負って来て、露天で商いをしていました。町では年に一度、商人から場所代に当たる税である「連尺運上(れんじゃくうんじょう)」を徴収していました。
箕輪時代、里長(町長)であった貝発新兵衛、堀口務右衛門は、高崎移住後も町の長をつとめ、城主直政の命によって、総町役人の長となりました。
江戸時代、城の大手前から中山道本道に至る四つ辻のところに番屋が置かれ、通町への道には木戸が設けられていました。
江戸時代のこの町は、町名の通りの商人町で、城下の紙販売については、藩の方針によって、この町だけに限定されていました。
大正10年(1921)「富士館」という劇場ができました。これは後に「帝国館」という映画劇場となり、戦後は「銀星座」という洋画専門の映画館になりました。
【わ】

若松町(わかまつちょう)

 明治4年(1871)に新しく誕生する「新生の町」という意味と、高崎市と松のゆかりから「若松町」と命名され誕生しました。若松町は明治35年(1902)に武家町の「明石町」、大正14年(1925)には「鎌倉町」を編入しています。
町には日宮安楽院光明寺と、曹洞宗の高崎山竜広寺があります。
光明寺には、六三除(ろくさんよ)けという数え年の年齢を9で割って、そのあまりの数から病の部分を知るという俗信があり、愛染明王が祭られていて、「愛染さま」と城下民に親しまれていました。またこの寺には、教会的キリスト教に対して無教会主義を唱えた、宗教家、評論家の内村鑑三の建立による内村家五代の墓もあります。
竜広寺は井伊直政が創設した寺で、日露戦争で捕虜となっているときに病死してしまったロシア人兵士の墓や、俳人村上鬼城の墓、織田信長の妹婿浅井長政の子孫の墓、高崎藩名士の墓があります。

和田町(わだまち)

 市街地の南東部に位置する町です。 町名は、高崎の古称が「和田」であったこと、高崎の古名「和田」の中心に「和田城」があり、その上(かみ)が「上和田」、下(しも)が「下和田」であること、新しく生まれたこの町は、「下和田」からの分町であることから「和田町」となりました。
建暦3年(1213)、北条時政との戦いに破れた和田義盛の子、八郎義国が上野国(群馬県)に逃れてきたといわれ、その子孫が後の和田城に繋がってきたとの説もありますが、定かではありません。
この町は、都市再開発事業が進み、昭和48年(1973)に新喜町(あらきまち)全部と下和田町がまとまって成立した町です。なお、高崎市内には失われた町名がありますが、新喜町はもっとも最近まであったものです。
参考文献: 田島桂男『高崎の地名』(2009年)、 田島桂男『本町今昔物語』(2004年)、 田島桂男『たかさきの町知るべ』(2000年)、 都丸十九一『続・地名のはなし』(1995年)、 高階勇輔『高崎産業経済の歴史』、 郷土出版社『目で見る 高崎・安中の100年』(2006年)、 岩波書店『広辞苑 第五版 逆引き広辞苑』、 『新編 高崎市史 通史編2 中世』(2000年)、 『新編 高崎市史 通史編3 近世』(2004年)
 
下線
 
空欄