>>街路樹
低い街路樹
  >>街路樹の地図
  >>高い街路樹

つつじ(躑躅)Rhododendron

ドウダンツツジ
 サツキツツジやクルメツツジ、ヒラドツツジなどを総称してつつじと呼ぶことがあります。古くから親しまれ、交配が重ねられ、現在ではまちなかでも様々な種類、花色のつつじを見ることができます。ドウダンツツジは他のつつじのような漏斗状の花弁ではなく、スズランのような花を着けます。
姉妹都市公園周辺などで見られます。
見ごろは花の咲く5月です。ドウダンツツジは11月の紅葉も見事です。

べにばなときわまんさく(紅花常磐万作)Loropetalum chinense var. rubra

ベニバナトキワマンサク  黄色い花をつけるトキワマンサクの紅花種で、マンサク科の常緑広葉樹です。鮮やかなピンク色の花はリボンを束ねたようで、満開の時にはとてもあでやかです。葉色も変化があり、カラーリーフとして庭木にも人気があります。
あら町から田町のバス通りで見られます。
見ごろは花の咲く4月です。

あべりあ(花衝羽根空木)Abelia grandiflora

 アベリア  ツクバネウツギの仲間で、園芸種のものをアベリアといいます。ウツギ科ではなく、スイカズラ科の常緑広葉樹です。初夏から秋にかけて長い間、漏斗状の小さな白い花を咲かせます。枝が赤色で、やわらかくのび、やさしい雰囲気になります。
本町のバス通りなどで見られます。

きんしばい(金糸梅)Hypericum patulum

キンシバイ  オトギリソウ科の落葉広葉樹。葉色が明るく、枝が枝垂れ、明るくやわらかい雰囲気です。6月頃に鮮やかな黄色い花を咲かせます。同じオトギリソウ科のビヨウヤナギとよく似ていますが、ビヨウヤナギはおしべが長く飛び出しています。
高崎市立美術館の周辺などで見られます。
見ごろは花の咲く6月です。

その他の低木

 その他にも、黄色い良い香りの花を咲かせるヒイラギナンテンや、赤い新葉が美しいベニカナメモチなどいろいろな低木が街路樹として植え込まれています。

 
下線
 
空欄